秋田でカメラを買取してもらうなら

先日、カメラの買取について知り合いに相談されました。
その人のお父さんが、野鳥写真が趣味でカメラには、かなりこだわっていたそうです。で、お父さんが亡くなられて、7回忌が済み、遺品のカメラを処分しようかと思っているということでした。

で、はじめに全国展開の大手リサイクル店に持ち込んで査定してもらったら、数百万円くらいはするカメラの機材が10万程度だったそうです。

どうしても納得できずに、持ち帰ったとのこと。

それで、もっと高いはずだからどこに持っていくのがいいのかってことなんです。

その人は、今はヤフオクとかを考えているそうですけどね。

でも、ヤフオクは会員登録とか登録費用とかかかるし、僕的にはあまりおすすめじゃないんです。

 

ちなみに、カメラは、ニコンのD300でした。たしかニコンのD300って、APS-C機のフラッグシップ機として注目されていた機種だと思います。

シャッターの耐久性とかカメラの作りとか、かなりの優れものカメラです。

D7000とかよりも僕は好きですね。AFもD300の方が速いし。野鳥が飛び立つ瞬間とかの写真を撮影するのにもってこいのカメラです。やはり、こだわっていた人だけあるなって思いました。

ところで、どこに売るのがいいのかってことですけど、予め、カメラ買取の目安となる金額やネットとかで評判の良い買取店についての情報などを知っておくと大体の相場や基礎的な知識、より高額で売るためにはといった情報をゲットできると思うんです。

あと、カメラ本体だけじゃなく、機材もたくさんあったので、持ち込みで査定してもらうには、運ぶのも大変ですし、時間もかかるので、査定までの手続きが簡単なネットの宅配買取を利用するのがいいのかなって思いました。

秋田にあるカメラ専門の買取店は、それほど多くないし、お店を一軒ずつ回るのは大変ですからね。

自宅にいて、無料で査定してもらえるし、カメラの専門店が多いので比較的高額です。

カメラの買取を行っている業者は、販売も行なっているのが一般的なので、他と比較して高額なら、高額買取が期待できると思います。

あと、カメラの買取価格って、早めに売ることでより高く売れることになるんですよね。タイミングは結構大事です。

大体、時計の買取を請け負っているサイトは買取相場を掲載しているので、その辺もチェックしておくといいかなと思います。

宅配買取の場合は、複数の業者の査定を比べるのも簡単なので、その中から高値で買取してもらえるところを選ぶのがいいと思いました。

宅配買取はダンボールなどに入れて(もちろん、しっかりと緩衝材とかは入れないとだめです)配送してもらうだけで査定して貰うことができるので、便利です。

査定に伴う費用はタダですし、宅配買取のお店に査定額を出してもらったとしても、そこで売却しなければならないわけではないので、査定額に納得できなければ買取に同意しなくても良いので安心ですよね。

なので、こういうサイトで紹介されているカメラの買取業者に依頼するのがいいとアドバイスさせてもらいました。

>>カメラ 買取 秋田

キャノンのEOS x7iとx8iの違いを聞かれた

友人で最近、カメラを始めたばかりっていういわゆるカメラ初心者の人がいるんですけど、実はカメラを購入するにあたり、ちょっとしたアドバイスをってしてくれって言われました。

キャノンのeos Kissが欲しいそうですが、その人は、キャノンのEOSなら、やはりx7iよりもx8iの方がいいよねって考えているみたいです。

ただ、8000dもちょっと気になっているそうなんだけど、違いがよくわからないってことでした。

で、一応、調べてみると細かい点で、違う点は何個かあるんですが、ざっくりと大きく違う点を上げてみました。

まず、画素数に関しては、画素数が多いほど、より繊細できめの細かいきれいな写真が撮れます。まぁ、ぐっと拡大してもギザギザになりにくいですから。できるだけ大きい方がいいんです。で、X8iは約2420万画素なのに対し、X7iは約1800万画素です。

結構違いますよね。

次に、測距点ですが、これはオートフォーカスでピントを合わせる部分なんですが、まぁ、フォーカスポイントって言ってます。デジ一のカメラのファインダーを覗くと、中央の枠とかに小さい枠が並んでいるんですよね。この枠に被写体を合わせていけば、シャッターボタンを押すだけで、ピントが合うんです。

これもX8iが19点で、X7iは9点でした。まぁ、多い方が、被写体が動いているとはじめに合わせた焦点がフレームを外れていても、測距フレームが被写体を追っかけることができるんです。
まぁ、多ければいいというわけでもないんですけどね。

 

あと、Wi-Fiの有無については、あれば撮影した画像をスマホとかに転送できるし、無線みたいに離れた場所からカメラを操作できたりします。X8iはあるけど、X7iにないんです。
ってことで、トータルで見ても、X8の方が機能的には優れているんですが、問題はどう使いこなすかってこともあるので、って教えましたよ。

仙北の抱返り渓谷で写真撮影

シンジです。こんにちは

最近、暇な時間を利用して、本を読むようにしています。やっぱり、読書って知識の蓄えにもなるし、いろいろとタメになるかなと思って。といっても、推理小説ばっかりですけど、それもクリスティとかエラリー・クィーンとか、です。

ほかは相変わらずカメラを楽しんでいます。僕は風景写真をよく撮りに行くのですが、この間は、仙北市にある抱返り渓谷に撮影に行ってきました。すごい名前でしょう?

どうしてこんな名前なのかっていうと、渓谷の地形がとにかく急で道とかも狭いから、登と下りですれ違うときにお互い抱き合って振り返ったっていうことから抱返り渓谷なんて、名前になったとか・・・。

今は、そんなことなくて、遊歩道も整備されているから、写真の撮影に来る人も多いみたいです。

 

回顧の滝では、滝壺に落ちる水しぶきが、ミストシャワーって感じだったけど、案外と寒いくらいでした。マイナスイオンをたっぷり浴びてきました。(^O^)

 

あとは、渓谷にかかる吊橋です。「神の岩橋」って言われているんですよ。
中途半端な時期に来たので、どうってことないけど、新緑か紅葉の季節に来るときれいな景観は最高だと思います。

自分なりに頑張ったので、なかなかいい写真が撮れたと思っています。
あと自然に触れることができたので、気持ち的にも癒やされましたよ☆

秋田のカメラ好き会社員シンジです、よろしく!

僕はカメラが好きなサラリーマンです。名前は、シンジと言います。まあ、別にカメラが好きなサラリーマンなんかいっぱいいるから、改まって名乗るほどじゃないんですけどね~!

けど、特に、これといった特徴のない男なんで、ブログを始めるにあたり、何かないかなと考えて、出てきたのがカメラだったんです。
高校まで秋田にいたんだけど、就職して東京に行きました。けど、去年の春に秋田に帰ってきました。けっこう仕事がハードで、ふとこのまま仕事に終われた人生でいいのか?なんてない頭で思ってしまったんですよ。思い立つと一気に行動してしまうタイプで、気づいたら会社辞めてました!とりあえず、秋田に帰ろうと思って、今は秋田の実家で暮らしています。生まれ育ったところは、やっぱりいいですよ。

なんか、かなり話が脱線してしまったけど、趣味のカメラを頑張っていこうと思っています。雑誌の投稿にも出したりして日々、試行錯誤しています。ちなみに秋田では父親のコネで電気関係の仕事をしているんです。給料がいいので、ずるずるとサラリーマン生活を続けてしまいそうですわ。やりたいことって結局、カメラだったのかな??自分が好きで夢中になれるものなんで、それでもいいのかな、なんて最近ちょっと思ったりもしています。

まあ、いいかなと。。
じゃあ、また!